感謝祭ディナーの食卓でめっちゃ役立つ英語フレーズ

11月第4木曜日(2018年は11月22日)はアメリカのThanksgiving Day(感謝祭)。17世紀前半、ヨーロッパからやってきた移民たちが最初の収穫を神に感謝し、みんなでごちそうを食べたことが始まりだと言われています。

この日はアメリカのNational Holiday(国民の休日)。家族や親戚が集まり、おしゃべりしながらテーブル一杯に並べられたごちそうに舌鼓を打つ、というのが一般的な感謝祭の過ごし方です。

たいていのお店やレストランはお休みとなりますが、なかには家族が近くに住んでいない人や旅行客、それに料理をしたくない人たちのためにThanksgiving Dinner(感謝祭のディナー)を提供するホテルやレストランもあります。

今年はEnglish Worldでも希望者をつのってアメリカ式Thanksgiving Dinnerをエンジョイする予定ですが、そんなときにめっちゃ役立つ英語フレーズをいくつかご紹介します!

〜感謝祭の食卓によく登場する料理〜

Turkey 七面鳥の丸焼き
Gravy sauce グレービーソース
Cranberry sauce クランベリーソース(ソースというよりゼリーみたい)
Mashed potatoes マッシュポテト
Corn on the cob  トウモロコシ(軸つき)
Green beans サヤインゲン(シンプルな付け合わせからグラタン風まで)
Corn bread コーンブレッド(トウモロコシ粉で作るケーキのようなパン)
Sweet potato pie サツマイモのパイ
Pumpkin pie カボチャのパイ

〜感謝祭の食卓で役立つフレーズ〜

Could you pass me X, please? (Xを取っていただけませんか?)
例:
Could you pass me the salt, please? (その塩を取っていただけませんか?)[手をのばして人の前にあるものを取ろうとするのはマナー違反!]

This is delicious! (これ、おいしいですね!)
This is amazing! (これ、見事ですね!)[アメリカ人はほめ上手。いいなと思ったら、どんどん言葉に出してほめましょう!]

What is this dish called? (これは何という料理ですか?)

I can’t eat X. (私はXが食べられません。)
例:
I can’t eat dairy products. (私は乳製品が食べられません。)

Does this dish have X in it? (この料理にはXが入っていますか?)
例:
Does this dish have crabmeat in it? (この料理にはカニが入っていますか?)

I’m thankful for Z.* (私はZ[があること]に感謝しています。)
例:
I’m thankful for my caring family and friends.
(私はやさしい家族と友人たちがいることに感謝しています。)[*この感謝祭に何に感謝しているかを順番に言っていくときのセリフ]

このほかにも感謝祭にちなんだ英語やアメリカ文化についてもっと知りたいという方は、いつでも気軽に当校の無料体験レッスンに申し込んでくださいね!

Happy Thanksgiving!(楽しい感謝祭をお過ごしください!)

 

まずは気軽に体験レッスンを受けてみよう!

申し込みはこちらへ