ハロウィンで盛り上がるときめっちゃ役立つ雑学と英語フレーズ

10月31日はハロウィン。アメリカでは、クリスマスに次いで子どもたちが1年中楽しみにしているお祭りです。その理由? もちろんtrick or treat に行けるから!

Trick or treat (トリック・オア・トリート)
仮装した子どもたちが近所の家々をまわってお菓子をもらうときに言うセリフ、またはその行事。意味は「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」(直訳は「いたずらかおやつか」)。

でもハロウィンは子どもだけのものではありません。10月に入ると、アメリカ中のおとなたちもなんとなくウキウキ、ソワソワ。子どもたちといっしょにjack o’ lanternを作ったり、前庭をハロウィン用に飾りつけたり、trick-or-treatersのためのキャンディ類を買い込んだり、夫婦または恋人同士でどんな仮装をしてパーティーに出ようかと考えたり……。

Jack o’ lantern (ジャック・オ・ランタン; o’は ofの短縮形)
オレンジ色のカボチャをくりぬいて作った、目鼻つきのランタン。元々の意味は「ランタンを持つ男;夜警」。Jackは昔イギリスで名前のわからない男性の呼称(仮名)として使われていました。ちなみにアメリカでパンプキンと言えばオレンジ色で巨大(味はイマイチ)。日本の栗カボチャはkabochaとして売られており、アメリカの食通に好評です。

Trick-or-treaters(トリック・オア・トリーターズ)
仮装してトリック・オア・トリートにやってくる子どもたち。

最近は日本でもハロウィンは秋のイベントとして定着したようですね。今年は勇気を出して仮装で街に繰り出そう!とお考えの方、次のアイディアを参考にしてください。

〜伝統的なハロウィンの仮装〜
Ghost(ゴースト):幽霊、お化け
Ghoul(グール):墓荒らしをする悪鬼、食屍鬼(しょくしき)
Goblin(ゴブリン):小鬼
Vampire(バンパイア):吸血鬼
Werewolf(ウェアウルフ):オオカミ人間

〜女の子に人気の仮装〜
Fairy(フェアリー):妖精
Princess(プリンセス):お姫様
Queen(クィーン):女王様

このほかにもハロウィンにちなんだ英語やアメリカ文化についてもっと知りたいという方は、いつでもお気軽に当校の無料体験レッスンをお受けください!

Happy Halloween (楽しいハロウィンをお過ごしください)!

まずは気軽に体験レッスンを受けてみよう!

申し込みはこちらへ